思春期の女子に対する接し方

女の子は体の成長が男の子に比べて少し早く、子供自身が戸惑いを感じているはずです。

体は成長しているのに親にはまだまだ子供扱いされるし、大人のように何でも自分でできるわけではない。そういった体と心の成長のギャップに、気持ちが追い付いていかずイライラするのは誰にでも起こり得ることなのです。躾け方が悪い、育て方を間違えた、親の責任・・・そう考えてしまう方もいるかもしれませんが、決してそうではないことを知ってください。

思春期の女子は悩みがたくさんあり過ぎて大変で、そのせいで友達を傷つけてしまうこともあります。

特に思春期の女子は多感であり、体や心が大人の女性に変化しようとする目まぐるしい時期になり、両親ともにたくさん悩んでしまうくらい大変な思春期の女子です。

思春期に入ると体が大人の女性の体になろうとし女子本人が戸惑い、精神的、肉体的、心理的に複雑な感情入り混じる状態になります。

さらには、複雑な感情以外にも沢山の悩みがあるのに友人関係を崩さないように常に気を遣い続けたり、女子に一番多いグループ作りですが、そのグループから外れないようにしようと考え、好きなファッション、好きな芸能人、恋愛などで話を合わせ肯定的な態度をとります。

そして、女子は自分の母親に憧れを抱き『こんなお母さんに私はなりたい』など思い始めるのもこの思春期の時期です。

思春期の女子に対する接し方|http://www.cpsto.com/からだのしくみはこちら!