女性不感症の調査事情

女性は性欲が要求されて、あるいは性が快感を求めて、しかし性欲の高潮に達しないで、医学上は不感症の原因。それは個別現象ではない。報道によると、性交に決して到達性高潮、少ない度だけクライマックスと時々クライマックスの女性が44%。ある女性は生涯において、性のある高潮に至っていない。

(1)器質的原因:は、生殖係の不感症、例えば陰門は、膣子宮やアクセサリー、膀胱、尿道の病気や骨盤炎、腫瘍、傷口などを引き起こすほか、性交時の痛みや不快感、そこでもを抑制した性高潮の出現。また、全身の各システムの不感症も、ある程度抑制や干渉性反応、破壊性高潮の獲得。

(2)心理の原因:外国の学者は大量の女性性[……]

続きを読む

女の子は思春期の性発育

少女の13歳くらいに、卵巣はしだいに成長して、生理は潮が満ちて来始めます。これと呼応して、子宮、腟と外生殖器は同様にしだいに成長して、延長して成熟します。上述のこれらの変化は、一般的な“おくびにも出さな”は、よく人々の注意を引き起こしやすくありません。

でも、女性外に変化していることと第二性質が出征してにもかかわらず比較的人目を引くことを作って:9-10の歳の時、乳房は発育を開始して、これは少女最初のはっきり示した第二性質が出征して、思春期の芽を吹いたシンボル;11歳の時で、恥毛は現われます;12-13の歳の時は、乳首の乳は目が回って増大し続けて、ただ依然として全体の乳房アウトラインと渾[……]

続きを読む

にきびの主な原因

1、皮脂の腺は皮脂を分泌されて過剰なら。
2、毛嚢は口を開いて過度の隅質化して毛穴を引き起こしてつまります。
3、毛嚢はにきびのプロピオン酸の菌(毛嚢の菌を俗称します)が感染し炎症を起こされます。

他の要素は同様ににきび悪化を引き起こすことができて、思春期は男性ホルモンが影響されれば、女性の生理期日前受けた黄体は白く刺激で、仕事上緊張した圧力は、わざとよいフライ類の食べ物はあるいは不適当な化粧品あるいは薬物などを擦ることを塗る。ただ上述の要素を排除し制御すれば、すぐ皮膚に明らかに全快さえを改善することを獲得させることができます。でもにきびで治療して予防整備と全て甚だしさの疲れた人のよ[……]

続きを読む

思春期に入った女子の3つ特徴

特に女子は生理が始まると女性らしい丸みを帯びてくる体型になるのと同時に、生理のイライラやホルモンバランスが崩れることから今まで細かった女子が、太ってしまうなどの現象があったりします。

ここでは思春期に入った女子の特徴3つを紹介します。

⑴生理(初潮)が始まる。

思春期の第一歩が生理(初潮)になりますが、体の発達が早い子は小学校3年生後半で、遅い子は中学校2年生で生理になったりします。

体の発達で生理が始まる時期は1人1人全く違いますが、生理が始まったと言うことは赤ちゃんができてもおかしくない体になるので、お母さんから生理が始まったと同時に妊娠する体になっていると言うこと[……]

続きを読む

思春期の女子に対する接し方

女の子は体の成長が男の子に比べて少し早く、子供自身が戸惑いを感じているはずです。

体は成長しているのに親にはまだまだ子供扱いされるし、大人のように何でも自分でできるわけではない。そういった体と心の成長のギャップに、気持ちが追い付いていかずイライラするのは誰にでも起こり得ることなのです。躾け方が悪い、育て方を間違えた、親の責任・・・そう考えてしまう方もいるかもしれませんが、決してそうではないことを知ってください。

思春期の女子は悩みがたくさんあり過ぎて大変で、そのせいで友達を傷つけてしまうこともあります。

特に思春期の女子は多感であり、体や心が大人の女性に変化しようとする目まぐ[……]

続きを読む

思春期女子の体の変化

女の子思春期第一次性徴とは、生まれてすぐ分かる女の性器にみられる特徴(女性の卵巣や外性器)をいいます。それに対して第二次性徴とは、思春期になってあらわれる、性器以外のからだの各部分にみられる女の特徴のことをいいます。

女の子の体が女性らしく変化するのは、女性ホルモンが関係しています。思春期の頃になると、脳から「女性ホルモンを出して!」と命令が下り、卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。分泌された女性ホルモンによって、体が少しずつ変化していくのです。

思春期になると乳腺や乳管が発達し、その周りに脂肪がつきはじめて胸がふくらんでいきます。「[……]

続きを読む